ブラジル カベセイラ・デ・サンタロサ /シティロースト

  • 1,320円(税98円)
型番 s062_c
重量 200
お届けの状態

十分な甘さとほどよい酸味。

心地よい果実味が印象的です。



甘さを前面に出し、ほどよい酸味が骨格として味わいを支えている。
このコーヒーの良さを引き出せるように、甘さと酸味のバランスを感じ取り焙煎しています。
かすかに赤い果実のような印象のある親しみを感じるコーヒーです。

生産国 ブラジル
生産地域 エスピリトサント ブレジェトゥバ
農園 カベセイラ・デ・サンタロサ

農園主 ジョゼ・エラウド・オリベイラ・ジアス
標高 1150m
栽培種 カツアイ785
生産処理プロセス パルプドナチュラル





●生産者ジョゼ氏とカベセイラ・デ・サンタロサについて

ジョゼ氏がスペシャルティコーヒーへの取り組みを開始したのは2002年のことでした。
屋根付きのテラスや機械式パルパーの導入、また、セレクトピッキングなどの取り組みを開始したのです。

しかしこうして手間暇かけて作られたコーヒーは、他の用途として使われていました。
2018年になってからは正当に評価する輸出会社との取引をはじめ、他の用途として売っていた時よりも遥かに高い価格でコーヒーを売ることができるようになりました。

その後、ジョゼ氏はロット毎の特徴が良く分かるように ロットの細分化を始め、今ではマイクロロットのみを生産するようになりました。

ジョゼ氏のコーヒーは正当に評価されて来ず、自分たちが生産するコーヒーのポテンシャルの高さに気づいていなかったため、これまでにコンテストでの入賞経歴はありませんでした。

今後、そうした品評会などへも挑戦していく予定です。

ジョゼ氏の品質向上への情熱は留まることを知らず、彼はスペシャルティコーヒー生産者によって作られた団体へ参加しました。

他の生産者たちとの交流の輪が広がるだけでなく、品質向上の取り組みや農園運営についても情報交換をすることができ、とても満足しているようです。

コーヒーが正当な扱いをされなかった時代を経て、今やスペシャルティコーヒー生産者としてのアイデンティティを確立し、彼の表情は充実感に満ち溢れています。





●生産処理プロセス 乾燥工程について

カベセイラ・デ・サンタロサでは、アフリカンベッドとコンクリートパティオを併用して乾燥工程を行っています。

乾燥工程最初の数日間は、アフリカンベッドを使用し、通気性の良い生地の上に広げられ、低い温度にて内部からゆっくりと乾燥させます。

その後最終乾燥工程として、コンクリートパティオにて乾燥させます。

その際温度が35度 以上になってしまわないよう、サーモメーターで管理しています。
お届けの状態
挽く