【新発売】涼奏 -すずか- 季節のブレンド / シティロースト

【新発売】ブラジル ノッサ・セニョーラ・アパレシーダ /シティロースト

【新発売】コロンビア エル・バルコン / フレンチロースト

【新発売】インド アティカン エステート ウオッシュト /シティロースト

コロンビア エル・バルコン / フレンチロースト

  • 1,380円(税102円)
型番 s076_f
重量 200
挽く
お届けの状態
数量(袋)

やわらかい苦味と十分なコクが伴ったことでチョコレートのように心地よく、その中にオレンジのような風味を楽しめます。


抽出のこと

コクをしっかりと抽出することで、口当たりのよい苦味となります。
ポイントは抽出前半。

少しずつお湯を粉に浸透させ、粉を膨らませ、ポタッと最初の一滴が落ちてから抽出量の半分までを丁寧にお湯を注ぎ抽出すること。

抽出後半は注ぐお湯の量を増やしますが、常に「先に注いだお湯が先に落ちる」ようにお湯を足していくイメージで注いで下さい。

オレンジのような風味は意識せずとも抽出されます。


このコーヒーのこと -いつもと違う観点から-

ウオッシュトプロセスよりもナチュラルプロセスの方が甘さがある。
また、良い質感がある。

これらは誤解です。

ウオッシュトプロセスの醗酵工程や水洗工程でそれらを構成する成分が溶出するわけではなく、適切なプロセスを踏んでいれば、ウオッシュトプロセスのコーヒーであっても、甘さが十分にあり、良い質感を持つコーヒーになります。

補足として、良い質感は良い栽培環境が前提です。

その後の乾燥工程も重要です。

乾燥工程においてナチュラルプロセスの方がウオッシュトプロセスよりも熱の許容性が低く、十分に注意して乾燥しなければなりません。

とは言え、ウオッシュトプロセスの乾燥工程も乾燥温度や風量に留意する必要があります。

栽培環境や栽培方法、セレクトピッキングの有無など生産処理プロセス前の段階が適切であったかが最重要ですが、このコーヒーからは生産処理プロセス(乾燥工程含む)において高い技術力を有していることがカップクオリティからわかります。

コロンビア産コーヒーは難しいと感じていますが、このようなコーヒーは積極的に使い、皆様にお届けしたいと思います。


深いロースト度合いが好きな方は是非。


生産国 コロンビア
地域 ウイラ県ピタリート フィロ・デ・チユルコ 
標高 1701-1766m
生産者 マルコ・フィデル・ロドリゲス
品種 コロンビア、カトゥーラ、カスティージョ
生産処理 フリィウオッシュト
お届けの状態
挽く